EV SSLの申請手続き

EV SSLの取得申請・更新申請の手順についてご案内しています。
オプション独自SSLのお申し込み方法については「オプション独自SSLのお申し込み」をご参照ください。

取得申請の手順

1. 取得申請の前に認証作業の準備

審査する際に下記が必ず必要となりますので事前にご準備お願いいたします。

DUNS(ダンズ)ナンバー

企業が実在することを審査する際にDUNS(ダンズ)ナンバーを利用するため、事前にDUNSナンバーの取得を行ってください。
取得方法については下記をご参照ください。

DUNSナンバーの取得方法

【ローマ字商号の記載がなされている定款と印鑑証明書】、または【弁護士意見書】

申請内容に記載の組織名と一致するか確認するために利用されます。

なお、定款でご提出の場合、定款にローマ字商号の記載がなければ定款に記載を加える必要があります。
登記事項には該当しないため、公証人による認証や、変更登記の手続きは不要です。

また、定款の最終項目に代表取締役名義での原本証明が必要です。
下記をご参考に合わせてご準備お願いいたします。

定款の変更手続きや弁護士意見書の取得方法は下記をご参照ください。

2. 取得申請の開始

インフォパネルのトップページ、ページ下部「ご契約一覧 > SSL」より、お申し込みいただいたSSLの「取得申請」をクリックしてください。

取得申請を開始します

3. コモンネーム・CSR情報を入力

取得申請フォームが表示されますので、以下の内容をご入力ください。

コモンネーム及びCSR情報を入力します

コモンネームについて
対象サーバーID コモンネームとするドメインが設定されているサーバーIDを選択してください。
コモンネーム

独自SSLをご利用になる独自ドメイン、またはサブドメインをご選択ください。

※事前に、ご利用予定の独自ドメインまたはサブドメインの設定を行っておく必要があります。

※64文字以上のコモンネームはお申し込みできません。

CSR登録情報
国(Country) 2文字で構成される国コードをご入力ください。日本の場合は初期状態の「JP」です。
都道府県(State) 運営組織のある都道府県名をご入力ください。
市区町村(Local) 運営組織のある市区町村名をご入力ください。
組織(Org) 運営組織の正式英文名称をご入力ください。
部署(Unit) 運営組織の部署名をご入力ください。

ご入力後、「SSL登録者情報入力へ進む」をクリックしてください。

4. SSL登録者の情報を入力

フォームに沿って、以下の情報を入力してください。

登録者情報を入力します

SSLご登録担当者情報
組織名(ローマ字) 運営組織名を正式英文名称でご入力ください。
DUNSナンバー 9桁の数字をご入力ください。
氏名(ローマ字) お名前をアルファベットでご入力ください。
役職(ローマ字) 役職をアルファベットでご入力ください。
郵便番号 郵便番号をご入力ください。※ハイフンは不要です。
国コード 国コードを選択してください。日本の場合は「JP」です。
都道府県 運営組織のある都道府県名を選択してください。
市区町村(ローマ字) 運営組織のある市区町村名をアルファベットでご入力ください。
住所(ローマ字) 運営組織の詳しい住所をアルファベットでご入力ください。
電話番号 電話番号をご入力ください。
FAX番号 FAX番号をご入力ください。※無い場合は、ご入力不要です。
メールアドレス メールアドレスをご入力ください。
認証方法
承認用メールアドレス(※) 各SSL発行元より送られる承認メールを受信するためのメールアドレスを選択してください。

※事前に、受信可能なメールアドレスをご用意いただく必要があります。

全てご入力いただけましたら、「SSL新規取得申請を行う(確認)」をクリックしてください。進んだ画面にて、ご入力いただいた情報をご確認の上、「SSL新規取得申請を行う(確定)」をクリックしてください。

5. オンライン認証

セキュアコア社より英文の承認確認メールが送付されます。
受信したメール本文内にあるURLへアクセスし、入力欄に承認確認メールに記載されている「verification code」をご入力ください。

「verification code」を入力

上位の認証機関であるコモド社より「利用契約同意確認メール」が送付されます。

6. 利用契約の同意と申請責任者確認書の提出

受信した「利用契約同意確認メール」に記載の内容をご確認の上、「verification code」をコピーし、「Agreement Link」をクリックしてください。

「Agreement Link」をクリック

アクセスしたページにて先ほどコピーした「verification code」を入力し、「Next」をクリックしてください。

「verification code」を入力し、「Next」をクリック

下記項目を全てご入力ください。

申請責任者確認書を記入

FirstName 申請責任者の名をアルファベットでご入力ください。
例)Taro
Surname 申請責任者の性をアルファベットでご入力ください。
例)Yamada
Email (あらかじめ入力済みです)
Contact Phone No DUNSナンバーの登録に利用した電話番号をご入力ください。
Job Title 申請責任者の役職をアルファベットでご入力ください。
例)President

7. 申請組織を確認できる書類を提出

上位の認証機関であるコモド社より、申請会社のローマ字表記についての確認と、申請組織を確認できる書類を「evdocs@comodo.com」へ提出するようメールが届けられます。

このメールがお手元に到着いたしましたら、手順1でご準備いただいた定款や弁護士意見書をPDFなど電子化(スキャン)した状態で、専用のメールアドレス「evdocs@comodo.com」宛てにご提出をお願いいたします。

このお手続きに際し、申請書類を「evdocs@securecore.co.jp」へと送信することでSSL証明書の発行代理店であるセキュアコア社にて内容を確認の上コモド社へ提出することも可能です。

8. 電話での確認

申請責任者のお名前をお伝えし、電話の転送を依頼します。
転送が不可能な場合は、申請責任者の電話番号を伺い改めて連絡します。

9. 新規取得手続き完了

SSL発行元での審査が完了し、SSL証明書が発行されましたら、弊社にてサーバーへのインストール作業を行います。
インストール作業の完了次第、お客様のご登録メールアドレス宛へご連絡しますので、しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

※既に同一のコモンネームで今回のお申し込みと異なるプランでご利用されていた場合は、発行から72時間以内でのご利用開始となります。

更新申請の手順

1. 取得申請の前に認証作業の準備

審査する際に下記が必ず必要となりますので事前にご準備お願いいたします。

DUNS(ダンズ)ナンバー

企業が実在することを審査する際にDUNS(ダンズ)ナンバーを利用するため、事前にDUNSナンバーの取得を行ってください。
取得方法については下記をご参照ください。

DUNSナンバーの取得方法

【ローマ字商号の記載がなされている定款と印鑑証明書】、または【弁護士意見書】

申請内容に記載の組織名と一致するか確認するために利用されます。

なお、定款でご提出の場合、定款にローマ字商号の記載がなければ定款に記載を加える必要があります。
登記事項には該当しないため、公証人による認証や、変更登記の手続きは不要です。

また、定款の最終項目に代表取締役名義での原本証明が必要です。
下記をご参考に合わせてご準備お願いいたします。

定款の変更手続きや弁護士意見書の取得方法は下記をご参照ください。

2. 更新申請を開始します。

インフォパネルのトップページ、ページ下部「ご契約一覧 > SSL証明書」より、お申し込みいただいたSSLの「更新申請」をクリックしてください。

更新申請を開始します

3. 申請情報を入力してください。

新規取得時と同様に、「CSR情報」を入力します。

※コモンネームを変更することは出来ません。

CSR情報の入力

続いて「SSL登録者情報」をご入力の上、申請作業を完了させてください。

SSL登録者情報の入力

4. オンライン認証

セキュアコア社より英文の承認確認メールが送付されます。
受信したメール本文内にあるURLへアクセスし、入力欄に承認確認メールに記載されている「verification code」をご入力ください。

「verification code」を入力

上位の認証機関であるコモド社より「利用契約同意確認メール」が送付されます。

5. 利用契約の同意と申請責任者確認書の提出

受信した「利用契約同意確認メール」に記載の内容をご確認の上、「verification code」をコピーし、「Agreement Link」をクリックしてください。

「Agreement Link」をクリック

アクセスしたページにて先ほどコピーした「verification code」を入力し、「Next」をクリックしてください。

「verification code」を入力し、「Next」をクリック

下記項目を全てご入力ください。

申請責任者確認書を記入

6. 申請組織を確認できる書類を提出

上位の認証機関であるコモド社より、申請会社のローマ字表記についての確認と、申請組織を確認できる書類を「evdocs@comodo.com」へ提出するようメールが届けられます。

このメールがお手元に到着いたしましたら、手順1でご準備いただいた定款や弁護士意見書をPDFなど電子化(スキャン)した状態で、専用のメールアドレス「evdocs@comodo.com」宛てにご提出をお願いいたします。

このお手続きに際し、申請書類を「evdocs@securecore.co.jp」へと送信することでSSL証明書の発行代理店であるセキュアコア社にて内容を確認の上コモド社へ提出することも可能です。

7. 電話での確認

申請責任者のお名前をお伝えし、電話の転送を依頼します。
転送が不可能な場合は、申請責任者の電話番号を伺い改めて連絡します。

8. 更新手続き完了

SSL発行元での審査が完了し、SSL証明書が発行されましたら、弊社にてサーバーへのインストール作業を行います。
インストール作業の完了次第、お客様のご登録メールアドレス宛へご連絡しますので、しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。