二段階認証設定

二段階認証について

二段階認証はXserverアカウント、サーバーパネルへのログイン時に通常のログインパスワード認証に加えて、認証コード生成アプリに表示されるワンタイムパスワードを入力することで、アカウントの安全性を強化することが可能です。

二段階認証設定手順

1. 二段階認証設定画面を開く

Xserverアカウントの二段階認証を設定する場合
  1. Xserverアカウントへログインし、上部メニュー右端のXserverアカウントメニューから「登録情報確認・編集」をクリックしてください。

    登録情報画面へ

  2. 「二段階認証」の「設定変更」をクリックします。

    「二段階認証設定」の「設定変更」をクリックしているスクリーンショット

サーバーパネルの二段階認証を設定する場合
  1. サーバーパネルへログインし、「アカウント」カテゴリーの「二段階認証設定」をクリックします。

    サーバーパネルで二段階認証設定を選択しているスクリーンショット

2. 「設定する」を選択する

「設定する」を選択し、「設定を変更する」ボタンをクリックします。

「設定する」を選択し、「設定を変更する」ボタンをクリックしているスクリーンショット

3. 「QRコードを表示」ボタンをクリック

「QRコードを表示」ボタンをクリックします。

「QRコードを表示」をクリックしているスクリーンショット

4. 認証コード生成アプリに登録

  1. QRコードが表示されます。

    QRコードのスクリーンショット

  2. 表示されたQRコードを認証コード生成アプリで読み取るか、シークレットキーを手動入力して登録します。

    QRコードを認証コード生成アプリで読み取っているスクリーンショット

シークレットキー手動入力例
入力項目 Xserverアカウント サーバーパネル
アカウント ログインするXserverアカウントID/メールアドレスいずれかを入力します。
例:pxx00000
ログインするサーバーIDを入力します。
例:xserver
キー 表示されているシークレットキーを入力します。
例:ABCDEFGHIJKLMNOP
表示されているシークレットキーを入力します。
例:ABCDEFGHIJKLMNOP

5. 認証コードを入力して「認証」ボタンをクリック

認証コード生成アプリに表示された6桁の認証コードを入力し、「認証」ボタンをクリックします。

「認証」をクリックしているスクリーンショット

6. バックアップコードを保管

表示されたバックアップコードを必ず保管してください。

「バックアップコード」のスクリーンショット

認証コード生成アプリが使えなくなった場合

紛失や機種変更など、何らかの原因で認証コードが取得できない場合は、二段階認証の設定時に保管したバックアップコードを入力して、二段階認証を強制的に解除することが可能です。

1. バックアップコード入力画面を開く

二段階認証入力画面の下部「認証アプリが使用できない場合はこちら」をクリックします。

「認証アプリが使用できない場合はこちら」をクリックしているスクリーンショット

2. バックアップコードを入力して「ログイン」ボタンをクリック

二段階認証の設定時に保管したバックアップコードを入力します。「ログイン」ボタンをクリックすると、二段階認証の設定を強制的に解除してログインします。

「ログイン」をクリックしているスクリーンショット