1. サブドメイン設定

サブドメイン設定

サブドメイン設定

1.「サブドメイン設定」をクリック

サーバーパネルへログインし、「サブドメイン設定」をクリックしてください。

サブドメイン設定画面へ

2.「サブドメイン設定の追加」をクリック

設定を追加したいサブドメインを入力し、「サブドメイン設定の追加(確認)」をクリックしてください。

サブドメイン設定追加のスクリーンショット

無料独自SSL設定の追加が不要な場合は、「無料独自SSLを利用する」のチェックを外してください。

3.入力内容を確認し、「サブドメイン設定の追加(確定)」をクリック

お手続きの内容を確認します。
「サブドメイン設定の追加(確定)」ボタンをクリックすることにより、サブドメイン設定と、無料独自SSLの設定が追加されます。

設定内容を確認する画面のスクリーンショット

4.サブドメイン設定の追加完了

「サブドメイン設定の追加を完了しました。」が表示されましたら、ドメイン設定の追加は完了です。

設定完了画面のスクリーンショット

サーバーアカウント内に追加設定したドメイン専用のフォルダを作成します。
詳細は、「ファイルのアップロード先について」をご参照ください。

なお、ご利用サーバーにサブドメイン設定が反映されるまで半日程度かかる場合があります。

無料独自SSLが利用できない場合

設定を追加する対象ドメインの運用状況により、無料独自SSLが利用できないことがあります。
この場合、ドメイン設定は追加完了したものの、無料独自SSL設定が追加できなかった旨のメッセージを表示します。

なお、サーバーパネル内「SSL設定」にて、無料独自SSLの設定を追加することができます。
詳細は、マニュアル「無料独自SSL設定」をご参照ください。

ファイルのアップロード先について

サブドメイン設定の追加を行うと、FTPサーバー上の「public_html」フォルダ以下にサブドメイン名のフォルダが作成されます。
サブドメインで公開されるサイトデータは下記を参考のうえ、ファイルのアップロードをお試しください。

サブドメイン アップロード先
abc.example.com /example.com/public_html/abc
www.abc.example.com /example.com/public_html/www.abc

サブドメインのアクセスのみを許可して、ドメインでのアクセスを禁止する方法

http://abc.example.jp/ の場合、通常 http://example.jp/abc/ でもアクセスが可能となります。

.htaccess に下記の「記述内容」を記載し、サブドメインフォルダ内(abcフォルダ)に設置することにより、http://example.jp/abc/ でのアクセスを拒否することも可能です。

.htaccessファイルの設置先
/example.jp/public_html/abc/
記述内容(下記は abc.example.jp でのアクセスのみ許可する、という内容です。)
SetEnvIf Host "^abc.example.jp$" host
order deny,allow
deny from all
allow from env=host