EC-CUBE 4

EC-CUBE 4 導入までの流れ

EC-CUBE 4 簡単インストール はじめに

お客様側で、EC-CUBEのインストールファイルを用意していただく必要はありません。

なお、EC-CUBE 3 をご利用の方は「EC-CUBE 3 簡単インストール手順」よりマニュアルをご確認いただけます。

また、インストール後の各種設定やカスタマイズ、アップデート等に関するサポートは行っておりません。あらかじめご了承ください。

EC-CUBE 4 簡単インストール 設定例
サーバーID xsample
ドメイン名 example.com
インストールディレクトリ /home/xsample/example.com/public_html/ec
インストールURL http://example.com/ec
EC-CUBE 4 簡単インストール 動作環境
PHPバージョン PHP 7.1.x 〜 7.4.x

※PHP動作バージョンの変更は、マニュアル「PHPバージョン切り替え」をご参照ください

データベース MySQL5.7 / MySQL5.5

※文字コードを UTF-8 に設定してください。

簡単インストール手順

サーバーパネルの「簡単インストール」より、設定するドメインを選択し、「プログラムのインストール」のタブをクリックしてください。

簡単インストールにフォーカスしたスクリーンショット

ドメインを選択するスクリーンショット

「プログラムのインストール」をクリックするスクリーンショット

1.EC-CUBE 4 のインストール設定

EC-CUBE 4 の「インストール設定」ボタンをクリックしてください。

簡単インストールプログラム選択画面:EC-CUBE 4 にフォーカスしたスクリーンショット

以下の各項目を入力し、最後に「確認画面へ進む」ボタンをクリックしてください。

EC-CUBE 4 のインストール設定
ショップURL

example.com/ec

ショップURLを「http://example.com」にする場合は、プルダウンでホスト名(ドメイン)を選択し、「/」(スラッシュ)に続くフォルダ部分(テキストボックス)は空欄のままにしてください。
ショップ名 ショップサイトの名前を指定してください。
メールアドレス 現在利用可能(有効なもの)で、EC-CUBE 4 の管理用アドレスとして利用したいものを入力してください。
管理画面ログインID 任意の文字列を入力してください。
管理画面パスワード 任意の文字列を入力してください。
データベース

利用するデータベースを選択します。
「自動でデータベースを生成する」を選択してください。

EC-CUBE 4 設定画面のスクリーンショット

2.確認し間違いがなければ「インストールする」をクリック

確認画面に表示されている内容に間違いがなければ「インストールする」ボタンをクリックしてください。

簡単インストールプログラム選択画面:EC-CUBE 4 インストール確認画面のスクリーンショット

3.完了画面が表示されればインストール完了

インストールが完了すると、完了画面が表示されます。

※「管理画面ログインID」と「管理画面パスワード」を忘れずにお控えください。

※表の「管理画面URL」に表示されるURLをクリックし、インストールしたEC-CUBEのログイン画面に進みます。

EC-CUBE 4 インストール完了画面のスクリーンショット

4.管理画面の確認

インストールの際に設定した「管理画面ログインID」と「管理画面パスワード」を利用してログインしてください。

EC-CUBE 4 管理画面のスクリーンショット

以上でEC-CUBE 4 の導入は終了です。

[参考] MySQL(データベース)の設定

簡単インストールをする前に、EC-CUBE 4 で利用するデータベースを新規作成します。
サーバーパネルより、「データベース」→「MySQL設定」をクリックします。

MySQLの設定にフォーカスしたスクリーンショット

1.MySQLの追加

「MySQL追加」のタブをクリックして、EC-CUBE 4 で利用するデータベースを追加します。

※文字コードは「UTF-8」を選択してください。

※データベース名は「お客様のサーバーID_データベース名」となります。
(本マニュアルでは「xsample_ec」として作成します)。

MySQLの追加にフォーカスしたスクリーンショット

2.MySQLユーザの追加

「MySQLユーザ追加」のタブをクリックし、作成したデータベースにアクセスするMySQLユーザを追加します。

※データベース名は「お客様のサーバーID_ユーザー名」となります。
(本マニュアルではユーザー名を「xsample_user」として作成します)。

※追加済みのMySQLユーザを利用する場合は、本項の手順を省略し、「3.MySQLアクセス権の設定」を行ってください。

MySQLの追加にフォーカスしたスクリーンショット

3.MySQLアクセス権の設定

「MySQL設定」にある「MySQL一覧」のタブをクリックし、作成したデータベースにアクセス権を設定します。

一覧にある「1.MySQLデータベースの追加」で追加したデータベースにおいて、「アクセス権未所有ユーザー」から追加したいMySQLユーザを選択し、「追加」ボタンをクリックしてください。

「アクセス権所有ユーザ」にMySQLユーザが追加できましたら、作業は完了です。
引き続き、「簡単インストール手順」に沿って、インストールを行ってください。

MySQLの設定画面:MySQLのユーザの一覧にフォーカスしたスクリーンショット

以上でMySQLの設定は完了です。
以降は、「簡単インストール手順」に沿って、インストールを行ってください。

[参考] サイトSSL設定

EC-CUBE 4 はショップサイトならびに管理画面にてSSL(https)経由での接続に制限することが可能です。

1.SSL(https)接続にて管理画面へアクセス

インストールしたEC-CUBEに対し、SSLによるURL(https://〜)で管理画面にアクセスし、ログインをしてください。

2.「設定」の「セキュリティ管理」にて「SSLを強制」にチェック

「管理 > セキュリティ管理 > サイトセキュリティ設定」に進みます。
「サイトセキュリティ設定」内のSSL制限にある「SSLを強制」にチェックを入れ、「登録」ボタンをクリックします。

EC-CUBE 4 の設定画面:「SSLを強制」にチェックしているスクリーンショット

※SSL(https)接続を行っていない場合は「SSLを強制」にチェックを入れることができません。